口腔がんとは?小児がんとは?

口腔がんとは?

saibou_gan_cancer口腔がんとは口の中およびその周辺組織にできる癌のことで、できる部位によって舌がん、歯肉がん、口底がん、頬粘膜がんなどと呼びます。
口腔がんの発生率は、体にできるがんの1〜3%です。しかし、以前に比べると口腔がんになる人は男女ともに増えてきています。
日本における口腔がんの年齢的な特徴は、年齢別では、70歳代が一番多く29.1%、60歳代26.5%、50歳代が18.1%となり、50歳以上が約80%を占めています(2002年度の統計)。小児の発生頻度は極めてまれですが、数%の確率で出現します。

1位 舌がん・・・約60%
2位 歯肉がん
3位 口底がん
3位 頬粘膜がん
3位 口蓋、後臼歯部がん
6位 口唇がん
7位 その他
中咽頭(ちゅういんとう)のがん
唾液腺(だえきせん)のがん

口腔がんの種類には次のようなものがあります

  • 癌腫(がんしゅ)
    舌がん、歯肉がん、唾液腺がん、など
  • 肉腫(にくしゅ)
    顎骨の骨肉腫、顎関節の軟骨肉腫、横紋筋肉腫、など
  • 造血器の悪性腫瘍
    首や顎骨内の悪性リンパ腫、白血病による歯肉出血や歯肉炎

小児がんとは?

rp_body_naizou_bad-239x300.png小児がんは、小児がかかるさまざまながんの総称です。

主な小児がんは、白血病、脳腫瘍、神経芽腫(しんけいがしゅ)、悪性リンパ腫、腎腫瘍(腎芽腫(じんがしゅ)、ウィルムス腫瘍)などです。血液のがんである白血病や悪性リンパ腫を除き、大人ではまれなものばかりです。胃がんや肺がんなどは、子どもにはみられません。

神経芽腫、腎芽腫(ウィルムス腫瘍)、肝芽腫など「芽腫」と呼ばれるがんの原因は、胎児の体の神経や腎臓、肝臓、網膜(もうまく)などになるはずだった細胞が、胎児の体ができあがった後も残っていて、異常な細胞に変化し、ふえていった結果と考えられています。大人のがんとは異なり、生活習慣にがんの発生原因があると考えられるものは少なく、網膜芽腫やウィルムス腫瘍のように、遺伝するものもあります。小児で口腔にがんが発言するリスクは極めて低いですが、血液腫瘍(白血病)、悪性リンパ腫が初発の随伴症状として発現し発見されることは報告されています。小児期は進行が速いため疑わしければ、口腔外科専門医院、小児科、耳鼻咽喉科の受診を強くお勧めします。

aaaa

出典:徳島大学がん診療連携センター 国立がんセンター小児がん情報サービス

アクセス

診療時間・場所

診療時間

診療時間
08:30-13:00 - - - -
14:30-18:30 - - - -
08:30-14:00 - - - - - - -
※日/火曜日、祝日は休診です

場所・行き方

113-0021 東京都 文京区本駒込 6-2-1 栄泉堂ビル2階
地下鉄 都営三田線千石駅徒歩3分 都バス 千石一丁目徒歩1分 千石交差 みずほ銀行駒込支店となり栄泉堂ビル2階。 1階は栄泉堂岡埜、2階千石クリニックの同じフロアです。

2016/08/31